旅行の歴史

旅行の歴史

旅行の歴史

今日のように一般庶民に移動の自由が公には認められていなかった時代、人は宗教的な巡礼、神社仏閣への参拝を理由に旅をすることが多かった。日本では、西国三十三箇所、四国八十八箇所巡礼など、ヨーロッパでは、キリストの聖杯・聖遺物やその使徒のだれかれの遺物が安置されているといわれる大寺院、修道院への巡礼が盛んに行われた。そのことを示す例として、日本の初期の鉄道は高野山への南海、成田山への京成、高尾山への京王などというように、多くが社寺参拝のために作られたことが挙げられる。

それが、旅の旅行者への宿泊の世話や病人のケアからホスピス・病院を生み出す元になったり、また、近世に入ってからは、イギリスの裕福な市民層の師弟の学業の仕上げとしての「グランドツアー」、家庭教師同伴の長期にわたる海外遊学が広く行われるようになり、それを世話する業者である旅行代理店が登場した。今日も存続しているトーマス・クック・グループは当時の創業になる。また、こうした流行が明治以降の日本に輸入されて、学校の修学旅行になった。

また、アメリカでは、金鉱の発見などにより、「西部開拓」という大移動、旅行ブームを引き起こし、以後、放浪者、「ホーボー」や、ビートニクなどの運動でも旅行は新しい文化の呼び水になった。


太平洋戦争後の日本では、1960年代の高度経済成長頃から一般人が旅行に出かけるようになった。まず企業の従業員による団体旅行(いわゆる慰安旅行)が盛んになった。目的地は大都会から数時間で行ける温泉地が多く、鬼怒川温泉、熱海温泉、白浜温泉などに巨大な温泉旅館が立ち並び温泉街が形成された。1970年代になると若者の個人旅行が活発になり、若い女性を中心としたアンノン族が京都や軽井沢や中山道の妻籠宿などに大挙して押しかけた。また、長期間旅行をするための巨大なリュックサックを背負ったカニ族(狭い通路を横向きになって歩くことから)、オートバイツーリングのミツバチ族(“ブンブン”とエンジン音を響かせて東へ西へ走り回ることから)が主に北海道に現れた。現在の日本では旅行の形態は多様化しており、各観光地では自分独自の特徴を打ち出して集客に努めているが、最近「癒し」を特徴とする観光地や施設が増えている。1980年代頃からは海外旅行も手軽に行けるようになり、2000年代後半の今日においても旅行産業は急成長を続けている。
人口減、高齢化社会を迎えていても年々海外旅行者数は前年度の記録を更新し続けている。


結婚活動(けっこんかつどう)とは、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。就職活動(就活)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語。

言葉が初めて世に出たのは、『AERA』2007年11月5日号[1]。ちなみに、山田は後に白河桃子と『「婚活」時代』を執筆。動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、「結婚できないけれどしたい」という人をサポートすることが必要だと思った」[2]とインタビューで答えている。

類推により、「離婚活動」(離活)、「恋愛活動」(恋活)等の造語も2008-9年頃用いられた。

婚活の概要

山田らによる『「婚活」時代』では以下のとおり。

* 自分を磨いてみる - 男性のコミュニケーション能力や経済力など。女性は磨きすぎると逆に結婚可能性が遠のくという指摘が[1]
* 要求水準を見直してみる - マッチング条件が多くなるほど、条件が適合する異性は少なくなる。また、例えば女性が専業主婦を望んだとしても、それをかなえられる男性は全体のごく一部。そのためパイの取り合い、結婚の遅れにつながる[1]
* 出会いの場を増やしてみる - システムが崩れた今、ただ待っていても異性は現れない[1]

なお、婚活のブーム化や、少子化対策などを背景として、結婚活動の支援に取り組む地方自治体や企業も出てきている[5][6][7]。
また、こうした社会情勢を奇貨とみた企業によって、結婚活動関係のビジネスが活況を呈している[8]。しかし、商行為が悪質とされた企業が告発されるなどの問題も発生している[9]。

評論家の三浦展、エコノミストの門倉貴史らは、結婚相手の収入に対する女性側の要求水準が高まり、少子化が進む一方、収入の不安定な者同士のできちゃった結婚が増えることで、社会階層(ないし階級)の固定化及び世襲化が進むと論じている。


「結婚」というキーワードがあります。
それでヤフー!を検索してみました。
すると、上位に表示されるサイトは「婚活」系のサイトが多いかも…。
たとえば、ゼクシィ、結婚情報サービス比較、結婚相談所ツヴァイ…などなど。
それ以外では、結婚式場の口コミ情報や、結婚式の準備の方法などがまとめられたサイトもあります。
どちらにしても、一生のうちにそう何度も行うことではないので、言ってみれば「みんな初心者」ということ。br> ですから、勉強=情報収集は大切です。br> で、どうしてもインターネットでの情報収集は重要なポイントになるのでしょう。

それにしても、結婚のカタチも近年はだいぶ変化してきています。

「結婚のカタチ」以前に、結婚しない人が増えてきたということですね。
年齢、20代で結婚しない人のパーセンテージは、1960年ではわずか9.9パーセントでした。
ほんの半世紀前は、ほとんどの人が20代で結婚していたのですね。
それが、2000年のデータでは54パーセントの人、つまり半分以上が結婚していません。

また、生涯未婚率は、男性で12パーセントくらい、女性で5.8パーセントくらいだそうです。


この数字の解釈はいろいろあると思いますが、それでも先進国の中では、日本の結婚はまだ多いほうだそうです。 未婚出産率も、スウェーデンで56パーセント、フランスでも半数以上だそうです。
制度の問題もあると思いますが、日本的感覚からすれば、「すごい数字」にしか見えません。
日本の「家族」は、まだまだ健全なのかも…。


結婚・恋愛:Oobune.comリンク集