音楽について

音楽について

* 1980年代後半には、1980年代半ば当時黄金時代であったアイドル又はスターが下火になり、代ってカリスマであるロックバンドのBO?WY・レベッカ・TM NETWORK(TMN)・米米CLUB、ガールズバンドではプリンセスプリンセス・SHOW-YAなどが、女性ロック歌手では渡辺美里・永井真理子・小比類巻かほるらが登場した。
* 『NHK紅白歌合戦』は、それまで70%台だった視聴率が1986年に初めて60%を切ってしまった。これは、おニャン子クラブを始めNHKに出演できない歌手や、テレビに登場しないポップス歌手等、その年ヒットした歌手の出演があまり無かったためであった。その後、番組の視聴率は右下がりになり21世紀を迎えると40%台となり、近年は視聴率が40%前後となっている。

* 音楽番組が低迷したために、アイドル歌手は活躍の場を失い、1988年頃から1993年頃の間に『アイドル冬の時代』を迎えた。
* 1990年代に入るとX・B'z・Mr.Children・GLAYなどが登場した。ちなみに彼らはテレビに頼らずコンサートやライブを中心として活動していたために音楽番組が衰退するきっかけとなった。
* 1990年代半ば頃、小室哲哉が提供した歌を歌う歌手達を小室ファミリーと呼ばれ、その所属歌手の安室奈美恵・華原朋美・globe・trfなどが活躍した。
* 1998年以降、小室ファミリーはマンネリ化し、1990年末期から2000年代前半、宇多田ヒカル・浜崎あゆみ・鈴木あみ(小室ファミリー所属)・椎名林檎・小柳ゆき・倉木麻衣・MISIAなどの女性歌手が登場し、そのほとんどは自分の手でプロデュースした。
* 2000年代後半には、倖田來未・大塚愛・いきものがかりなどが活躍している。


テレビでもラジオでも音楽は無料で流れています。
けれど、あれは無料なのではなく、テレビ局やラジオ局が、著作権者に著作権料を支払って使っているのですね。
ここで、検索エンジンで、音楽というキーワードで検索する人の傾向をみてみましょう。
「音楽」とあわせてどんな言葉を組み合わせて検索しているか…「無料視聴」が1位、「無料ダウンロード」が2位、でした。
つまり、インターネットで「音楽」を検索する人の多くは、「無料=タダ」で音楽を楽しみたい、ということかもしれません。

たしかに、インターネットをつかえば、いろいろなものが無料で手に入ります。
ニュースや情報…これらも新聞を買ったり、本を買ったりせず、手軽に無料で見られたりします。
しかし、なんでもかんでも無料=タダ、と考えるわけにはいけません。

そして、音楽には著作権があります。
それをビジネスにしている人にとっては、著作権を無視した無料ダウンロードサイトなどの存在は、まさに死活問題になるのです。
ユーチューブ(youtube)などに好き勝手にアップされるサウンドクリップ、さらに映画なども、そういう意味で問題視されています。

インターネットを使っていると、あまりにも簡単に、しかも無料でいろいろな情報が手に入るので、なんでも無料、という錯覚になるのかもしれません。

もちろん、公式に無料で提供されている音楽や動画などもあります。
それは、そのまま楽しんでオッケーなわけですが、本当に気に入ったものに対しては、どうかきちんとした対価を支払って楽しんで欲しいと思います。


音楽・映画:Oobune.comリンク集


関連情報