ビジネス (Business)

ビジネス (Business)

ビジネス (Business) は経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例をとともに記す。

* 一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス
例 : ビジネスが成立した。
* 仕事や職業、業務などを表すビジネス
例 : 私のビジネスは……
* 商業活動や経済活動全般を表すビジネス
例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……

広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。ビジネスとは営利や非営利を問わず、また、組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、個人または法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。

略語 biz [編集]

古くから知られるショウ・ビズ(SHOW BIZ - 芸能)や、新しくはクール・ビズ (COOL BIZ) で広く知られるようになった英語 business の略語 biz は、英語にて3文字を取って bus 等と略すると、道路を走る「バス」の意味となってしまうため、発音に合わせてスペリングを変えてできた略語である。インターネットのドメイン名にも .bizや.bz がある。すでに、1800年代には登場していた略語でもある。


マネー=お金は、現代社会を生きる上で血液のようなものです。
「血液」ほど大事なのに、そのお金についての正しいインテリジェンスは、多くの人が不足しています。
本当の「血液」については、学校などでも教えてくれますが、社会の血液であるお金についての知恵や知識は教えてくれません。
小学校・中学校では、授業の科目にすらなっていませんよね。

では、家庭ではそういう教育の場はあるのでしょうか??
これもそうとは言えないでしょう。
もちろん、それを教えてくれる親もいると思いますが、ほとんどは違うと思います。
なぜなら、日本の、いえ世界の大人の多くが「教えるほどのお金のインテリジェンス」を持っていないからです。
お金について親に言われること…、

「無駄使いしてはいけない」
「お金の使い方や借金は、収入と支出のバランスを見て」

とか、そんなレベルではないでしょうか。
これで、マネー=お金のパワーが吹き荒れる現代社会を生きるのは、「ゲームのルールをしらずに参加する」試合のようなものです。
どんなゲームや戦いにもルールがあります。

「お金を儲けたい」
「お金を稼ぎたい」
「お金で苦労したくない」

そう思うのであれば、まず、お金についてのさまざまなルールを知ることがまず大事ですね。


マネー・ビジネス:Oobune.comリンク集


関連情報