日常生活

日常生活とは

日常生活(にちじょうせいかつ)は、毎日繰り返される生活のこと。

具体的には、日々の生活の中で繰り返される出来事や習慣的動作、そこで用いられる物の考え方や知識(常識)、接する物品(その一部は日用品と呼ばれる)などから構成され、平凡で、改めて顧みられることの少ない物事である[要出典]。だが、その日常生活の内実を比較する時、歴史や文化に応じて、また個人によってもしばしば大きく異なる。自分の日常生活で当然であることが、他人の日常生活においては特別であったり、非常識であったりすることを知ることは、人に知的な驚きや教訓をもたらすことが多い。と同時に、余りにも異なる日常生活を送る人々の間に相通じる常識が見出されて驚きを誘うようなこともある。日常生活のパターンはそれが長続きするとしばしば伝統文化となる。また、時代の流れと共に移ろう風景や物の考え方や人々の心理は世相とも呼ばれる。

日々繰り返される物事の他にも、毎年繰り返される行事や伝統芸能、季節を特徴づける事物である風物詩なども、日常生活を理解する鍵として注目されることがある。

このような日常生活は、歴史学(とりわけ社会史)、文化人類学、民俗学、社会学、などの考察対象となる。


転勤、住み替え…転居や引越しは人生の節目になったりしています。
それだけに、引越の手続きはきちんとやっておきたいもの。
まず、電気やガス、水道など、旧住所ではそれを止めなければなりません。
もちろん、新住所では開通手続きが必要です。
また、ガスの場合は、旧住所と新住所で供給されるガスの熱量が異なることもあります。
そんなときには、それにあわせたガス器具も購入しなければなりません。
市町村役場など役所関係では、住民票や印鑑証明書などの手続きや転入・転出手続きがあります。
さらに、電話やインターネット回線業者、インターネットプロバイダーなど、通信関連の引越し手続きもあります。
これらもすでにライフライン的なインフラですから、1日も途切れることなく、上手に手続きしたいでえすね。
もち、車を持っているのならば、車検証の住所など…場合によっては車のナンバーが変わることもあるかもしれません。
そして忘れてはいけないのが、郵便局への転居手続き。
これによって、しばらくのあいだは、旧住所へ来た郵便物を転送してくれます。

生活・暮らし:Oobune.comリンク集


関連情報