中古車・査定・買取

中古車

中古車(ちゅうこしゃ)とは、メーカーで生産されナンバー登録されたものを指す。 一般的には、末端ユーザーに購入もしくはレンタルされ、利用された自動車が再び売りに出された、あるいは既に再購入されたものを指すが、ナンバー登録だけ為され全く使用していない車輌(俗に言う新古車。販売店がメーカーからのノルマである販売数量達成のために、試乗車などの名目で登録されたものが多い)も中古車と分類されている。年式が相当古い中古車は一部の人達から「大古車」(たいこしゃ、だいこしゃ)と称される事もある。 車齢の若い車は「何年式」という場合の数字が大きいことから高年式といい、製造から年数の経っている古い車は低年式と呼ぶ。


中古車を買い換えようとしています。 さて、いま乗っている車をどうしますか?
従来は新しい車を買うディーラーに「下取り」してもらうの一般的でした。
「新車の値引きができない分、下取り価格で調整します」
…そんなディーラーのセールスマンの言葉を、ついつい信じたものです。
けれど、新車のディーラーの仕事は新車の販売。 ですから基本的に中古車を売ることが専門ではありません。
つまり、下取りした車をどうやって売るかというと、それも専門ではないわけです。
でも、世の中には、それを専門にしている業者があるんですよね。
「もちはもち屋」といいます。専門業者ならば、当然それに特化したルートを持っているわけです。 当然、買取の場合も、そちらのほうが高値買取の可能性がでてくるわけです。
その車査定の方法ですが、これも昔は「担当者によって言うことが違う」、「どうも信用ならない」という印象があったかもしれません。
しかしながら、今では、かなり業界の透明化をすすんでいます。 どの年式のどの車がいくらくらいで買取してもらえるかといった相場感は、インターネットなどによって誰でも知ることができるのです。
つまり、消費者がインターネットなどを上手に使いこなせば、「車を売ろうとしている人をだまして、安く買いたたく」ということはなかなかできなくなっているのです。

中古車・査定・買取:Oobune.comリンク集


関連情報