美容と健康は、実は仲がイイ。

美容と健康。

美容(びよう)とは * 美容:パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条)
最近は男女とも理容店や美容室の区別を特に意識せずに利用したりシェービングや美顔のために女性が理容店を利用する場合も多く、両者の境界の区別は明確でなくなりつつある
。多くの理容店の店舗には、店の入口にサインポールと呼ばれる赤青白の3色で構成された円筒状の看板が螺旋状に回転している(詳しくは理美容師を参照)。
なお、大半の個人経営の店は毎週月曜日を定休日としていた。これは昭和30年代にあった全国的な電力不足における休電日が月曜日だった名残で、理容組合への加入の取り決めとして定められていた[1]。
近年はサービスや内装で高級感を強調した店、ヘッドスパや顔そりなどに特化した店舗や10分間程度でカットのみのサービスを提供する店など多様な業態が登場している。
メタボリックの問題がクローズアップされることで、「痩せる」ということは「美しくなるため」という美容目的だけではなく、「病気にならないため」という「健康目的」になりました。
つまり「痩せる」という美容的行為が「健康になる」というふうになったのです。

こういった考え方はスキンケアなどのテーマでも同様です。

いろいろいじくって「キレイに見せる」のではなく、汚れを取り去り、肌本来の力を発揮させることで美肌を手に入れる…
今の美容の流れも、これが確実に主流になっていると思われます。
美容と健康はとても関わりの深いテーマですが、時に、敵対する言葉であったりもしました。
たとえばダイエット…痩身を目指すことで栄養失調など、不健康になってしまうこともあるわけです。
しかしながら、本来はむしろ、美容と健康は仲良しの関係であるべきです。
たとえば、近年、メタボリック症候群なるものがクローズアップされています。
いままで、「痩せる」ということは、「美容目的」が主たる目的でした。


美容健康:Oobune.comリンク集


関連情報

【美容最新ニュース】